カービューの一括査定 歴史的役割

株式会社カービューは、インターネット上に日本国内最大手の自動車関連情報サイトを展開している上場企業です。マイクロソフトのビルゲイツとソフトバンクの孫正義が、意気投合して設立された会社としても知られています。


カービューの一括査定は、わが国における一括査定の草分けともいうべき存在です。1995年頃になるとわが国にもインターネット革命の波が広まり始めました。それ以来、車の一括査定をシステム化する試みが色々なされましたが、 カービューは2000年にサービスを開始しています。

開始当初のシステムは、画期的な便利さと高価買取で大きな人気を集め、累計の利用者は300万人を突破しています。カービューの一括査定は、その歴史もさることながら、その規模においても一時は最大級を誇りました。

車の査定には「単独査定と一括査定」がありますが、カービューの査定は、いまだ高価買取の期待できる一括査定の代表的サイトの一つに変わりはありません。

 カービューの査定はここから


カービュー車一括査定の特徴

 カービューの査定 3つのポイント!
 1.「下取り」の長所と短所!
 2.「買取り」の長所と短所!
 3.「一括査定」は、何をもたらしたのか?

そもそも愛車を売るには、3つの代表的な査定方法があります。

一つ目は、もっともよく利用されてきた「下取り査定」による車の売却です。むろん車の「下取り」とは、新車や中古車を購入しようとする店で、購入する車の代金の一部に充てるものとして、今乗っている愛車を引き渡すことです。

二つ目は、街の中古車買取専門店で「買取査定」をしてもらい、いま乗っている愛車を現金に代えるものです。なぜ下取りでなく、わざわざ面倒な買い取りをしてもらうのかというと、下取りより買い取りのほうが、愛車を高く査定してくれるからです。

多くの人は、他の買取店で車の査定をしてもらうのが面倒だったり、販売店のほうから「値引きはこれだけしかできませんが、そのぶん下取り価格を高くします」「下取りも、ぜひうちでお願いします」などと言われたりして、そのまま愛車を「下取り」に出してしまうのです。

この下取りと買取には、それぞれ長所と短所があります。

「下取り」の場合は、時間と労力はかからないという長所はありますが、他店と比較していないので下取り価格が低いかもしれないという短所があります。

また反対に「買取」の場合は、いくつかのお店をまわって時間と労力がかかるという短所はありますが、まちがいなく一番高いところに売ったという満足感が得られる長所があります。


三つ目に登場したのが、その両方の長所を取って短所を無くす方法で、それがカービューによる車の「一括査定」サービスです。このインターネットによる「一括査定」は、多くの買取専門店が参加し、入札形式でその高価査定額を競うものです。

カービューの査定は、自宅にいながらにして高価買取が実現できるもので、愛車の高価買取を飛躍的に向上させたシステムということができます。
                ↓↓↓