事故車の買取と廃車

ひと昔前は、事故を起こしてダメージを受けた車は、売ることができないので「廃車」にするしかないと思われていましたが、最近では事故を起こして動かなくなった車でも、値段がつき買い取ってもらえる場合が多くなっています。

これは、クルマそのものは国内で売れなくても海外へ売ることができ、さらに中古パーツの国内流通経路が整備されてきたことと、国内で不要とされるパーツであっても、海外では日本製中古車の輸出拡大にともなって、パーツの需要が増えてきたことが原因です。

これはまた、日本車のブランド力が高いことを示しています。品質が良い、故障しにくい、燃費が良い、などの理由から海外市場では高い需要があります。

つまり、日本国内で流通できないクルマは海外へ、部品は国内・国外へ流通させることができるようになったということです。まさに中古車市場は、世界とネットワークで形成され、廃車予定の車でも売買される時代になったということがいえるでしょう。

  事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!



事故車と修復歴車

事故車」というと、交通事故でダメージを受けた車を思い浮かべる人が多いと思いますが、中古車業界では「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、または、その修復歴のあるもの」と規定しています。つまり「骨格」の損傷がポイントということです。

したがって、交通事故で損傷を受けたクルマだけが事故車ではなく、自動車の骨格部位(フレーム)を交換したり、あるいは修復したものが事故車となります。フレームを損傷すると走行機能に大きく影響を受けます。交通事故にあっても走行に影響のない、フェンダーやバンパー・ドアなどの損傷は事故車には該当しません。

中古車情報誌や中古車販売店で「修復歴有」と表示されているものがあります。この修復歴有と表示されているクルマが「事故車」のことです。これは自動車公正取引協議会等が定めた規約で表示することが義務づけられています。

したがって、事故車の買取といっても、二つの場合があるのではないかと考える方がおられると思います。 一つは、クルマが事故を起こしたままの状態で、まだ修復してない場合です。 もう一つは、事故を起こしたあと修復をして、そのまま乗り続けていたクルマを売却する場合です。

すなわち、あまり意識したことはありませんが、じつは「事故車」といっても、通常二つの場合を使いわけているのです。 このページで扱う「事故車の買取」というのは、前者すなわち、クルマが事故を起こしたままの状態で、まだ修復していない場合です。

後者の、事故を起こしたあと修復をして、そのまま乗り続けていたクルマを売却する場合に関しては、「車買取比較」をご利用ください。

事故車の買取と廃車

車を買い替えるとき、これまでは愛車の状態をみて、まだ乗れると判断するか、もう乗れないと判断するか、すなわち、まだ乗れるクルマだと判断した場合は「買取」をしてもらい、もう乗れないクルマだと判断した場合は「廃車」にしていました。

しかし、冒頭に述べたように、それまでの市場では取引の対象とならなかったような車であっても、海外販路の開拓等によって需要が拡大したので、これまで事故車として「廃車」されていたクルマを自社のところでより多く確保したいため、各社が競って「事故車の買取査定サービス」を提供するようになった、とも言えます。

簡単にいうと、「事故を起こしてグシャグシャになった車でも、廃車処分にしなくてもまだ売れますよ。廃車引き取り業者に渡さないで、ウチで買い取らせてください」 ということです。

なお、売却する予定の場合には修理をしないで、売却するのが基本です。 修理代金の元が取れるだけの高額査定は、まず無理でしょう。修理代金には利益が上乗せされているからです。とりあえず現状での査定をしてもらいましょう。

実際に、どのような「事故車」買取サービスがあるかというと、代表的なものは、これです。