中古車査定のポイント

「自分は、いつも新車しか乗らないので、中古車は関係ないよ」と思っている人はいませんか? しかし、たとえ新車で買ったと言っても、ひとたび新規登録をし、ユーザーであるあなたの手に渡った瞬間から、りっぱな中古車の仲間入りです。

つまり、クルマを持っている人なら、必ず車の買い替え時期には、「中古車査定」というものにお世話になることになります。

  いろいろな中古車査定は、こちらで紹介しています。

たしかに、いつも新車ばかり乗っている人は、愛車と次に買いたい新車が同じメーカーなら、ディーラーで下取りしてもらうのが便利かもしれません。でも、新車ばかり買っている人でも、買取査定のことをふっと思いつく人は、次のような人です。すなわち、

「街のなかを走っていると、よく中古車買取店の看板を見かけるけれど、自分はまだ一度も買取店で中古車の査定をしたことがない。買取店で査定をすると、看板に書いてあるようにほんとうに高価買取をしてくれるのだろうか?そういえばディーラーのセールスマンは、新車購入の値引き分と下取り価格を、いつもまとめて説明するから、下取り額はなんだか不透明でよくわからないな、いろいろ値引きはしてもらっているようだけれど、ほんとうのところ下取り価格って、いったいいくらだったんだろう?」

そう思った瞬間から、「次回の買い替え時期には買取店で査定をしてもらうぞ」と決断する人は稀です。多くのひとは、さらに知人、友人等から情報を集めることになるでしょう。さらには、インターネットで情報を集めるかもしれません。

そしてようやく、買取り店で愛車の査定をしてもらうことになります。そこで、下取り価格とあまり大差ないなと思うか、あるいは車種によっては、あまりの価格差があるので愕然とすることになります。

中古車査定における「一物一価」

中古車は新車とちがって、一台一台が品質も価格も異なる商品です。これを中古車は、「一物一価」であると言います。(ここで「一物一価」というのは、本来の意味と使い方が違うなんて突っ込みを入れないでください。ここは経済学の話ではないのですから)

車の買い替え時期には、通常は愛車を「下取り」か「買い取り」に出すことになります。中古車の査定は愛車を手放すユーザーにとっては大切な資産の評価であり、これを査定するお店にとっても、中古車という商品の重要な仕入価格ということになります。

通常、中古車の査定価格が何で決まるかというと、


  ・車種
  ・経過年数
  ・走行距離
  ・クルマの色
  ・車のグレード
  ・ボディや室内のキズや汚れ
  ・エンジンの調子
  ・オーディオやエアコンは正常か
  ・付属品や純正パーツはそろっているか
  ・その車種は人気車種か
  ・事故車かどうか


などで決まります。つまり、中古車の査定ポイントは、かなり多岐にわたることがわかると思います。中古車の査定額は、それらを総合的に判断して導かれることになりますから、どれか一つでポイントを稼いでも、なかなか査定額は高くなりません。

しかし、それらのなかでも、中古車査定ポイントとして重視されるのは、車種経過年数(年式)は当然としても、とくに走行距離だといってもよいと思います。

わが国では、走行距離が査定ポイントとして過当に評価される傾向がありますが、やはり走行距離は、そのクルマの寿命を表すものとして重視されています。つまり、走行距離が長ければ長いほど、クルマの寿命も残り少なくなると考えられているわけです。

したがって、走行距離が短いほど、中古車の査定額が上がるということになります。 たとえば、普通車の場合、1年間に走行する平均距離は約1万km前後が妥当な走行距離と言われています。したがって、この基準より多く走行しているクルマは、その走行距離に応じて、低く査定されることになります。

また、軽自動車の場合は、年間の標準走行距離が8,000kmと言われており、これを超えている場合は減額の対象となるようです。

もっとも、走行距離がただ長いというだけで、査定金額が低くなることに疑問を感じる方も多いと思います。高速道路を単に5万キロ走ったクルマと、悪路を断続的に5万キロ走ったクルマでは、明らかにクルマの損耗も違うと考えられるからです。

しかし、現在のところ、これに代わる有効な判断基準が見つけられていないため、走行距離が重視されていることを、そう批判できない面はあると思います。

ただ、年数の割にかなり走行距離が少ない場合であっても、必ずしも査定金額が上がるというわけではありません。というのは、クルマはある程度動かすことでコンディションを維持できるマシーンです。したがって、あまりにも動かしていない場合は、かえって動作不良になりやすいと考えられているのです。したがって、年数に応じた適切な距離が走行されているかどうかも査定ポイントということになります。

走行距離の次に、査定額に影響を及ぼすのは、クルマの色です。どういった車のボディカラーが中古車の査定に有利かというと、それは車種と時代によって異なってきます。

「この車種には、この色が人気!」というのがあって、その色の愛車なら高額査定を見込めるというわけです。また若干、売る時期によっても人気の色が変動することもあるので、昨年と今年では、同じ経過年数で同じ色でも査定額が違うということもありえます。たとえば、同じ車種でも、赤のボディカラーはどうしても売れにくくなったとなれば、査定額が下がるということになります。

それから、できるだけ新型車の発売前に売却する、ということも考えておかなければなりません。フルモデルチェンジで新型車が出ると新型車への乗り換えが多くなり、旧型車が市場へどっと排出されて価格が下がることになります。 売却をしようとしている時期に新型車が出るという情報を得たときは、できるだけ早いタイミングで査定をしてもらうのがポイントです。

最後にみなさん忘れがちなのですが、クルマを購入したあとで、カーナビやETC・アルミホイール・スピーカーなどの各種オプションを取り付けた方も多いと思いますが、そのまま「査定」してもらうのではなく、査定まえに「オプションは取り外して売却しますから、オプションなしで査定してください」と言ってください。そして、どのオプションを取り外すのか、一つひとつ品目を申告してください。

そして、査定額が提示されてから、各種オプションを付けたまま「査定」するといくらになるか聞いてください。そのほうが、買取額が高くなることが多いようです。また実際に、その金額の差をみてから、オプションを付けて売却するか、取り外すか決めることができるからです。

これを最初に言うのを忘れて、査定額が提示されてから、「オプションを取り外して査定するといくらになりますか?」と聞くと、査定金額は大きく下がると思ったほうがよいでしょう。査定というのは減点法で計算をしていきますから、オプションを1つ外す毎にいくら減額、というふうになりやすいからだそうですが、もう一つ理由があるような気がしないでもありませんが。

で、蛇足ながら、最初から 「オプションを取り外した場合と、オプションを取り付けたままの場合の、2つの査定額を提示してください」などと言わないでくださいね。

   いろいろな中古車査定は、こちらで紹介しています。

中古車査定 Q&A

中古車の査定を受ける前には、次のような質問が多いようです。

もう車検が切れてしまっているのですが、査定はできますか?
車検が切れているクルマであっても査定はできます。車検期間が長く残っていればいるほど査定額がプラスになりますが、車検切れのクルマは、それなりに低く査定されるだけですから、わざわざ査定まえに車検なんてする必要はありません。
まだ車のローンが残っているのですが、売却できますか?
ローンが残っていても車の所有者名義が、車を売りたい本人であれば問題ありません。ただし、当然ながらローンの支払いは残ります。 しかし、ローンが残っている車の所有者名義が、本人以外(ディーラーやローン会社)の場合、ローンを完済しなければ所有者名義を変更できないので車を売却することができません。
買取店で査定をした場合、提示された査定額は、いつまで有効ですか?
これはお店によって違います。たとえば査定後、1か月ほどして、あらためて査定をしてもらった場合、同じ金額が提示されることはないと思ったほうがよいです。査定金額は下がる可能性のほうが高いです。中古車市場は、日々相場が変わるので、クルマの価格もそれにつれて変動します。したがって、提示された査定額が自分の希望に近いならば、なるべく早く決断し、買い取ってもらったほうが後悔しないといえるでしょう。なぜって、そのとき売ってしまえば、あとの査定額の提示で前回より低い金額が示され、ショックを受ける機会そのものが100%ないのですから(笑)。
 

 いろいろな中古車査定は、こちらで紹介しています。