愛車の売却時に必要な書類

愛車の売却が成立すれば必要となる書類については、買取店のほうから説明があるので、とくに覚えておく必要はありませんが、いちおう概略を知っておいたほうが安心できるかもしれません。一般的な必要書類は、下記のようなものです。

なお、査定を受けるだけなら「車検証」と「自賠責保険証明書」だけでOKです。この2つは、クルマに常備することが義務付けられているので、ふつうはダッシュボードの車検証ケースに保管してあると思います。

   いろいろな愛車の売却は、こちらで紹介しています。



普通自動車の場合

  • 自動車検査証 車検証(自動車検査証)は必ず必要です。車検証は、いつも車内に保管しておくことが義務づけられています。所有者の氏名・現住所などを確認して保管しておきましょう。紛失した場合は管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。
  • 自動車損害賠償責任保険証明書 自賠責保険は、任意保険と違って加入が義務付けられている「強制保険」です。車検ごとに次回の車検時までの加入手続きを行います。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりすると車を売ることができません。万が一、紛失した場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。
  • 自動車税納税証明書 毎年5月末が納付期限の「自動車税納税証明書」は、車検を受ける際に必要な書類です。そのため、愛車を売却する時には買取店に渡す必要があります。紛失した場合は各都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は市区役所で、再発行してもらいましょう。
  • 印鑑登録証明書 印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された「実印」であることを証明する書類のことです。発行日から3カ月以内のものが必要です。

  • 実印 愛車を売却する時も「委任状」や「譲渡証明書」に捺印するため実印は必要になります。実印は、市区町村へ登録してあるものです。

  • リサイクル券 自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。万が一、紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替として使えます。

  • 住民票 車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が異なる場合に必要となります。これは、引っ越しした場合、きちんと「車検証」の住所変更をしてないと必要になるものです。
※その他、車検証の所有者と使用者が異なる、法人名義の場合など、必要書類が増える場合があります。 詳細は買取店に確認してください。上記の必要書類は、ふつは車検証ケースの中に保管してある書類がほとんどでしょうから、実際に用意するものは「印鑑証明書」と「実印」ということになります。

軽自動車の場合

  • 自動車検査証(現住所・氏名を確認)

  • 自賠責保険証明書

  • 軽自動車納税証明書(有効期限を確認)

  • 印鑑(認印可)

  • リサイクル券(預託済みの場合)

   いろいろな愛車の売却は、こちらで紹介しています。







車査定比較 初心者のための車買取